読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

作品、作品、そして、作品

今日は原稿を第四話まで書き終えた。

 

あと十五、六話書いたら見直して、磨いて出版。

 

一日十枚、一話六十枚、一話一週間、十五、六週間、四ヶ月ぐらいかかる。そこから磨くのにまたかかる。

 

でも、これは映画をドキュメンタリーを公開してドサ回りしていたら自然に執筆の取材ができるようなイメージを持っている。

 

しかし、最初考えたような弾けたキャラクターではなく、落ち着いた感じの物語だ。

 

この原稿、ちゃんと書ければ色んなものが作れる。

 

色んなことができる。

 

それをやりたい。

 

家の雑事、ペーパーワークがあるけれど。

 

第五話を書き始める準備をしておこう。

 

ペースは落ちても書き続けておくとあとで生きてくる。

 

ドキュメンタリーを急がないといけない。

 

ちょっと日本の社会に辟易している。

 

孤立無援の闘いは続く。

 

www.youtube.com