読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

この映画の重さ

誰もこの映画の本当の重さを理解していなかったのではないかと思う。

 

キャリアやエンドロールクレジット、ビジネスのために作る映画ではない。

 

映画を作って出すという以上の重みがあるように思う。