読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

脚本を書きたい

しばらく脚本を書いていない。

 

今、小説の原稿を書いているのだけれどこれを書き上げたら映画の脚本を書きたい。

 

小説というものも初めて書くし、試行錯誤なのだけれど、小説というのは非常に柔らかな表現手段で、脚本はそれに比べ、かなり硬い気がする。

 

その融通の効かない硬さの中でなんとか表現してゆく、そういう作業をしたい。

 

この原作を脚本にできたらとは思う。