読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

苦しい十枚

昨日は、雑誌原稿の依頼が舞い込み、十枚の原稿を書いたが結局没にして出さないことにした。

 

私が抱えている全ての苦しみが一気に覆いかぶさってくる、そんな内容で、発動するPTSDに体を震わせながら書いたのだが、それでも没にしたのは私の矜持である。

 

そのうちフィクションとして書こうと思う。