読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

映画の責任

書き出したら多分出力のミスでワイドスクリーンになったので、渾身のVer.9.0、92分16秒の再々出力。

 

駄目だと手間がかかるけど、やることはわかる。

 

「30年後、今、想像もできないような国の人が見て理解できるようにする責任がある」というフィードバックを受けて、そこから頑張った。

 

オウム真理教の一連の事件、私の一筋縄では説明できない今までの経緯をどうさばくのかが本当に難しかった。