読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

もう一押し

ベースバージョンの完成までもう一押しだ。

 

天候の変化のせいだろうか、若干、疲労している。

 

やるべきことはわかっている。少しのことだ。

 

妥協のないものを作りたい。

 

精一杯のものを作りたい。

 

資金なんかとうに尽きている。

 

しかし、この作品で妥協するわけにはいかない。