読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

北朝鮮、本当の脅威

北朝鮮とアメリカ、北朝鮮と日本、中国がきな臭い。

 

金正恩がクレージーだというのは国際社会の定説であり、たぶん間違いないのだろう。

 

だとしても、いや、だとしたらなおさら、私は金正恩が人類の本当の脅威だとは思わない。

 

本当の脅威は、何故にそれほどクレージーな金正恩が国家権力の頂点におり、また、居続けるのか、それが可能になっているのかということだ。

 

しかも、これほど高度化した情報社会においてである。

 

一つは国内の権力基盤、経済基盤、政治構造という内部分析。

 

もう一つは国際関係論的な、外交上、国際政治上の権力基盤、経済基盤、政治構造という外部分析が必要になる。

 

そして、アメリカ、中国、ロシアに関する同種の考察と分析が必要になる。

 

ここに本当の脅威への対策が見つかるかもしれない。