読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

一分か一分半

一分か一分半、パッサリと詰められる気がする。

 

あるシーケンスをパッサリ、半分か三分の一にするイメージだ。

 

続きは明日。本日、営業終了。