読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

映像資料

この間の東京出張で原作小説執筆用に映像資料を撮影した。

それを資料として整理保存した。

最初から映像として表現したらと思うがなかなかそうもいかない。

この、映像で取材、資料→原作執筆→脚本→映画という一連の工程は私のルーチンになりそうな気がする。

ドキュメンタリーをやらなければ、このカメラを買わなければ、こういうことはしなかったろうと思う。

やっと、それだけ映像が短になったということだろう。