読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

骨組

日々を生きる ドキュメンタリー編集メモ

丹波へ往復した。

骨組はできているように思う。肋を一、二本、残すか取るかはあるだろうけれど。

話の筋がわかりづらいぐらいの編集をしてしまうこともありかもしれないが、それもこのサードカットのたたき台の追い込みで見えてくるだろう。たたき台の後、また作業が待っている。

急ぎたい、急ぎたい。