読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

職業的

日々を生きる ドキュメンタリー編集メモ 出版企画A

日付としては二日間、何も書かなかった。

 

が、日付が変わってから1.29枚、書いた。第3エピソードは合計22枚。

 

全体で60枚、構成としてはイメージ通り進んでいる気がする。

 

ドキュメンタリー関連の原稿もそのうちに執筆開始することになる。

 

根拠は全くないのだが、日産十数枚は書けるようにならないといけないと思う。

 

資金調達が必要だが、きっと何らかの方法で調達し、編集マンを国内外で探し、仕上げる。

 

ここからの仕上げは早いはずだ。

 

海外のフィードバックを集め、メモを再検討するけれど、ストリーリーの核は決まっているのだから、仕上げるのは、今までほど大変ではないだろう。

 

そして、公開していく作戦を考え、実行する。

 

今までは視点と視座を固める作業だったが、その視点と視座から原稿を書き、映画を作る。

 

今までは、一人で抱え込むことが許されたが、できなくなる。

 

色々な人と一緒に創り出す作業が日常になり、本格化する、いよいよ職業的になっていく。

 

やっと社会復帰していく。