読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

もう一本、話を書きたい

今、書いている小説は、まあ、ペーソスの効いたいい話である。そうではなくて、読めば吐き気がするような話を別に書きたい。