読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

社会観

昨日、散歩していて、今、書いている小説が提示しなければならない社会観というものへの手がかりが見えた気がする。

十年かかっている。

今日は原稿を1.7枚書いた。

第二話は34枚書いた。

第二話の物語としての落としどころが見えていない。