読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

セルフメイド

結局、出力できなかった。

モリー容量が足らないという表示が出た。

出力もレンダリングもできない。

ここから、まだまだ作業がある。これでは仕事にならない。

字幕のタイミングをキッチリ合わせる前に、AdobeCCかダビンチに乗り換えようかと調べ始めた。XMLで書き出し、インストールしてあるAdobe CCで読み込んでみたら、読めた。

細かなところは違うけれど基本は一緒。なんとかなるかなと作業を開始しかけたら、止まったレガシーFCPを蹴っ飛ばす方法に気づいた。

で、試してみたら、レンダリングができた、出力してみたらできそうで、終わるのを待っている。多分、大丈夫だと思う。

海外と話をする英語字幕をつけ土台を作るまではこのまま走る。

で、そこから本格的に作りこむことになれば、AdobeCCかダビンチに乗り換えよう。

ほぼ全て、自力でこういう風に作りたいかと言えば、そんなことはない。それぞれの専門で経験を積んだスタッフの専門性を駆使した方が良いだろうと思う。

しかし、まあ、この題材は極めてパーソナルで、そのパーソナルな抱え方で社会の大事件と向き合うという稀な映画であり、限りなくセルフメイドでなければならない映画だったのではないかと思う。

これで出力に失敗すれば、乗り換えるしかないが、結局、そのうち覚えないといけないので同じことだ。