読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

水準を超えていくこと

やっと700を超える。

一行をBreakしながら進むので、最終的には12,300のセリフのタイミングを合わせる。

一ラウンド目。自分で何ラウンドか見直し、修正してからNative Check。

ある水準を超えていく覚悟があり、それを実現する粘りがあるかどうかが大切だと思う。そのためには水準を理解していなければならない。