読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単騎独考

私は錆びた鉈のように鈍く生き、よく使い切った歯磨き粉のチューブのように死にたい。

作家としての心得

ドキュメンタリー編集メモ 日々を生きる

最近、小説の原稿を書き始めて思うのは、心得として大切なことは、凄い作品を書こうとか、新しいことを言おうとかいうことではなくて、「読み物を作ろう」読んでもらえるものを書こう、お金を払ってもらえるものを書こうということなのではないかと感じている。

 

決して、作品性を無視しろというのでもなく、志を下げろというのでもない、奇を衒えということでもない、そうではなく、「人はどうしてそれにお金を払ってくれるのか」ということを徹底的に考えることは非常に大切だし、職業表現者としては当然至極大切なことだと思う。